バレンタインは胸躍る

手作りもいいけどショップも可愛い

もうすぐハイハイをしそう

0歳の赤ちゃんとくらしているが、 まだ、人というよりも動物のようで、 毎日、育てているというよりも観察して 見守っているといったほうがしっくりくるような そんな様子である。

目が見えなかったのが見えるようになり 掴めなかったものが掴めるようになり 泣くだけだったのが笑うようになり うつぶせると頭を上げるように努力し 頭があがったときの得意げな表情は 見ているほうにも、感動を呼んだ。

そんな感じで、とうとうハイハイに辿り着こうとしている。 腕をぐっと下に伸ばして お尻をあげるのに、膝をたてられることを 自分で発見するのだ。

自分で自分の体のことを発見していくと 体を自由に動かせるようになるらしい。 当たり前のことだけれど、 本当に、たまたま手に力が入ったら前に進んだ! とかで 次も同じことをやってみるようになる。

寝返りの時もそうだった、 赤ちゃんは おや? 何だかできたぞ… もう一回 こういうので動けるようになっている。

何とも知れず、自然に出来るようになるのではない。 自分もそうしてきたはずなのに、 こうして見るまで、何にも知らずにいた。 子育てから学ぶことは多いというが、 自分が0歳に戻れる、という意味だとは思わなかった。

「ゴキブリが森で役に立っている」という記事で、存在を少し許せる気がしました。

もう夏も終わりのはずなのですが、暑いです~。「あはは!何にもする気が起きないや」という訳で、今日はノンキにyahooニュースを漁っています。

そして気になったのが、「種をまくゴキブリ=植物と共生、森林で発見」という記事。なんでもギンリョウソウという神秘的な植物の種を、遠くまで運んでくれるのが、森に住むゴキブリだったという事が分かったそうです。

ギンリョウソウは、ムーミンに出てくるニョロニョロに似ている植物です。ちょっとカワイイ感じ…好みだわ。このカワイイ植物の拡大に一役買ってくれていると思えば、あの憎々しいゴキブリも、少しは許せるような気がします。

でも絶対私の生活エリアには入って欲しくないけれど。 ゴキブリよ、どうか森でギンリョウソウのために働いていておくれ。

夏のガッツリレシピ

最近ハマっていて、よく作っているメニューがあります。 お肉の甘辛炒めなんですが、本当にめちゃくちゃ簡単なんですよ~。

使う材料は、好きなお肉と砂糖、醤油のみです。 玉ねぎやニンジンなど、お好きな野菜をプラスしてもOKです。

まず温めたフライパンに油をしき、お肉をササッと炒めます。 色が赤から白っぽく変わってきたら、砂糖を大さじ一~二杯ほど(お肉の分量によって調節してください)入れて、さらに炒めます。

お肉にだいたい火が通ったら、先ほど入れた砂糖と同じ分量(大さじ一~二杯)の醤油を入れてまた炒め、味をしっかりと馴染ませます。 たったこれだけでおしまい、出来上がりです。

豚肉でも牛肉でも、全く同じ味付けでとっても美味しいんですよ! 白いご飯に乗っけて、どんぶりにしてもよく合います。

お肉の下に野菜をしいたり、上からきざみのりやネギをかけたり、マヨネーズをかけても美味しいです。 パンチが欲しいときは、炒めるときに刻んだにんにくやおろしにんにくを入れてみてくださいね~。

一気にスタミナメニューって感じに仕上がりますよ。 暑い季節でもガッツリ食が進むので、体力をつけたい時にもオススメです。

えびす珈琲のシフォンケーキ

今日は久しぶりに友人とえびす珈琲にお邪魔してきました。

前々からシフォンケーキを含めデザート類が美味しいとの噂だったため、ワクワクして店内へ。店内は分煙性になっており、置いてある雑誌は種類豊富でした。メニューを見るとシフォンケーキ、アップルパイ、アサイーヨーグルトなどなど美味しそうなデザートが一杯。

更にドリンクも充実しており、目を引いたのがホットチョコレートでした。暑い時期なので飲むのは躊躇したのですが、温かいミルクに抹茶、アポロ、いちご、ホワイトチョコ、ミルクチョコの中から2種類選んだものを溶かして飲むホットチョコレートです。

自分で作るのは珍しく、また店内クーラーが効いていて少し冷えたため、ホットチョコレートとシフォンケーキを注文しました。

ここのシフォンケーキは楽天市場でお取り寄せ1位になったこともある有名なシフォンケーキ。ふんわりとしたシフォンケーキは口溶けが滑らかでとても美味しかったです。ホットチョコレートも大層美味しいお味でした。

夏の冷え冷え

ここ一ヶ月ほど、冷たいものを食べ過ぎてしまっています。 あまりにも暑い日が多くって、アイスやかき氷などを我慢できないんですよね。

コンビニやスーパーでおいしそうな新製品などを目にすると、ついつい買い物かごにポイポイ放り込んでしまう私がいます…。 最近はアイスの食べ過ぎのせいか、元々落ちていた食欲がさらに落ちてきてしまいました。

そうすると、またさっぱりしたアイスばかり食べたくなってきて、完全に悪循環になっている状態です。 しかも、体が冷えたからなのか、お腹が痛くなることが増えてきました。

このままだと体調を崩してしまうと思い、ここ数日は冷たいものを食べるのを我慢しています。 普段の飲み物もキーン!と冷えたものが飲みたいところを、わざわざ温かいものに変えてみたりして、体を内側から温めようと頑張っています。

でもそれをするには暑すぎて耐えられないので、クーラーを強めにガンガンかけてしまっているんですよね。 これでは外側から体が冷えきって、本末転倒のような気がしちゃいますね。

サッカー日本代表がW杯出場に王手

サッカー日本代表アジア最終予選イラクに引き分けて6大会連続出場に王手をかけました。

アウェーとは言えイラクに引き分けたことを素直に喜んで良いかは分かりませんが、W杯出場に前進したことは間違いありません。 しかし残り2戦は難敵相手なので油断はできません。

3位以上は確定しているので最悪でもプレーオフに出場できます。しかしアジア最終予選で苦しんでいるようでは、本戦では勝負にはなりません。いずれにしても今の実力ではW杯に出場できても予選リーグで敗退する可能性は高そうです。

しかし次回以降のW杯のことを考えても、出場することは大きな経験と財産になります。 私の周りにはサッカーファンが多いのですが、近年の不振から期待感は薄れています。このままではサッカー人気低迷にも繋がるので、次戦のオーストラリア戦に勝ってW杯出場を決めてほしいです。

ダルビッシュの快投と凄み

メジャーリーグダルビッシュ投手がアストロズ相手に快投し6勝目を挙げたニュースは野球ファンにとっては朗報でした。

今季チーム打率メジャー1位の強力打線アストロズ相手に7回まで1安打投球のほぼパーフェクトな内容で締めたダルビッシュ投手は本当に素晴らしいですね。

彼の能力は疑いようもないですが、ヤンキース田中将大投手が5連敗するなど日本人投手の評価が下がりかねない中で、目の覚めるような素晴らしい投球をしてくれました。持ち味の多彩な変化球にこの日は特にシンカーが冴え、打者を手玉に取っていく様は圧巻で、まさにエースというに相応しいでしょう。

安定感なら田中将大も素晴らしいですが、調子の良い時のダルビッシュはメジャーでも屈指の投手で日本人NO1投手であることは疑いもありません。 これからも快進撃を続け、サイ・ヤング賞を目指して前進して欲しいと思います。